前回までに作成したシューティングゲームでは爆発の描画がありませんでした。そのため弾丸が命中するとそのまま消えてしまってシューティングゲームとしては物足りないものになっていました。今回は爆発の描画をすることにします。

色つきの円を移動させて爆発しているかのように見せかけます。以下のようなクラスを作成します。

コンストラクタ内で爆発っぽくみせる色を6色リストにいれています。これをランダムに表示させます。引数は開始時の座標と移動量です。16回移動したら(約4分の1秒)消滅します。

自機と敵が死亡したときに爆発を起こせばいいので、

さて、ここまでつくったのでスコア表示もできるようにしてしまいましょう。

自機が死亡したらゲームオーバーです。一発終了です。一発終了は厳しすぎるというのであれば残機制とかシールド制に書き換えてみましょう。

ゲームオーバーになったらGame Over、Retry Press S Keyと表示させます。

実際にSキーをおしたらゲームに再挑戦できるようにしなければなりません。

現状ではゲームオーバーになっても弾丸の発射ができるようになっていたので修正しました。Sキーが押されたら